奄美の海で
海洋散骨

奄美出身の方、奄美が大好きな方はご遺骨の一部は必ず奄美の地でという思いがあるのではないでしょうか、また墓じまいを考えている方ペットの散骨を考えている方奄美の美しい海で散骨してみませんか?
必ずご満足いただけると思います。

P1010061.jpg
 

奄美大島の環境

奄美の環境.JPG

奄美大島の紹介

奄美大島は鹿児島県と沖縄県の中間にある島で鹿児島からの距離は約372㎞あります。​

​大浜海浜公園第二駐車場より

奄美大島周辺の海は非常に透明度が高いことで知られていてアマミブルーと呼ばれ親しまれ、最近テレビでも放映された謎のミステリーサークル(アマミホシゾラフグ)が発見され国内外から注目されています・・・オスの賢明なメスへのアプローチは驚きを隠せません。美しいサンゴの種類も豊富で多くのダイバー(リピーター)から喜ばれています。

OIP.jpg
ヒカゲヘゴ
31492.jpg

奄美大島の海

海に囲まれている奄美大島

奄美大島の魅力は、豊かな自然(海と山)が手つかずの状態で残されていることで有名です。国内外からも注目され、島民の念願が叶い7月26日に世界自然遺産登録になり島民の方々の意識も変わりつつあるのが現状です。1年を通して観光を楽しめるのも奄美大島の特徴で、それぞれの季節ごとに違った魅力があります。

大浜海浜公園より

​海洋散骨とは?

故人様の火葬したご遺骨を海に撒く供養を海洋散骨葬と言います。
 祭祀の目的を持ち、形式にとらわれず自由に故人様を自然に還すという新しい形の葬送として認知されてきています。現代社会の少子高齢化やお墓の後継者問題など様々な理由で海洋散骨葬を一つの選択肢として選ばれる方が増え、宇宙葬や樹木葬といった一昔前では考えもしなかった新しい供養が定着してきている時代になってまいりました。
その中でも海洋散骨葬は、故人様の好きな音楽を流しながら生前に好んでいた供物を持ち寄り、ご遺族様も笑顔で旅立ちの式に参加していただけます。
 新しい葬送が注目されてきている要因には経済的負担軽減や無縁仏になる心配が無い事以外にも、家族旅行の行事の一つとして笑顔でご供養ができるといったところにもあるようです。また、森林を伐採して野山を切り開き墓地を作るよりも遺骨を自然に還し、故人の眠る自然環境を保護していくという思想も含まれているようです。

S__25862155.jpg

海洋散骨証明書

すべてのコースに海洋散骨証明書が付きます。

散骨位置を正確に緯度経度で表し
当日の散骨状況の写真を
添付いたしますので
年忌法要もご安心して行えます。

​👆

営業時間

皆さまのお越しとご相談をお待ちしております

月〜土:8:00〜17:00
ご希望によっては祝日・祭日も可能です。

お問い合わせ

私たち奄美海洋散骨にとって、お客様がご満足頂くことをモットーに誠心誠意ご供養させていただきます。ご質問、ご意見または特別なご要望はございますか?皆様からのご連絡をお待ちしております。ぜひお気軽にお問い合せください。

​​担当者 西 翔次郎

鹿児島県奄美市名瀬朝仁新町25-13

TEL:0997-58-4001

送信が完了しました。

FAX:0997-57-1103

31503_2.jpg

大和村国直 NHK大河ドラマ「西郷どん」の撮影地

散骨ポイント

奄美大島の散骨ポイントをマップにて掲載していますので「ここの場所で散骨したい」などがあると思います。

大和村大山埼灯台沖(大金久)、笠利湾沖を結ぶ4マイル範囲内の料金です。

その他の海域でもご相談に応じることができます(別途料金が発生します)。

海上気象により3月~11月は東シナ海側 12月~3月は太平洋側で執り行わせて頂きます。

​またこの時期(11月末~3月末)は慶良間諸島で産まれた子鯨を子育てしながら北上する鯨に遭遇することも度々ありホエールウォッチングを含めたクルージング、散骨もできます。